名医の手で目の下のたるみを除去|Lovelyボディに変身

シワ

メソセラピーで痩せる

リーズナブルな脂肪溶解注射

シワ

美容皮膚科で簡単に部分痩せができる治療として今人気なのが「脂肪溶解注射(メソセラピー)」です。脂肪溶解注射は1952年にフランスの医師によって疾患を治すための注射として開発されました。1980年代になるとメソセラピーの痩身効果が美容業界で認められ、世界中の美容皮膚科クリニックで脂肪溶解注射が普及しました。 日本の美容皮膚科クリニックでも脂肪溶解注射が使用されています。注射一回あたり安いと5千円くらいで出来ます。皮膚を切らないで出来るところと、施術料金の安さが脂肪溶解注射の魅力です。除去する脂肪の量が多いと注射を打つ回数も多くなります。基本的には2週間〜3週間くらいの間隔をあけて最低3回くらいは打つ必要があります。

無理せず痩せれる

美容皮膚科クリニックによって脂肪溶解注射で使用されている成分は異なりますが、ほとんどの場合、「大豆レシチン」から抽出した薬剤を使用して行います。大豆レシチンにはコレステロールを減らし、代謝機能を上げる働きがあることがわかっています。天然素材なので副作用などはなく安全に使用できます。 脂肪溶解注射をするとターゲットとなった脂肪細胞が溶けだし、1週間後くらいに尿となって排出されます。脂肪細胞がデトックスされることで体重が減少し、注射した部分がサイズダウンします。複数回に分けて注射しなければならないのは、一回で注射できる薬剤の量に限界があるためです。まるでダイエットをしているように自然に痩身ができます。